« 死に花 | Main | 熱血刑事 吉永誠一 「絵に殺された」 »

May 25, 2004

迷惑メールについて

私は何年もWEBサイトをやっていて、メールアドレスを公開しているけども、ここ最近(今年に入ったくらいから)、異常なくらい迷惑メールが届くようになりました。
正確に言うと、迷惑メールではなくウィルスメールの方が多いのだけれど。
今、某プロバイダのサポートセンター(@niftyにあらず)でバイトしているので、この手の問い合わせがすごく多い。

まず、迷惑メールやウィルスメールは開かず、返信せず、即座に削除が基本。
プレビューウィンドウで表示しただけで、IEのセキュリティホールをついて感染してしまうものもあるため、プレビューウィンドウを切り、WindowsやメールソフトのUPDATEもお忘れなく。

ただ私の場合、あまりにも受信する数が多いので、@niftyの迷惑メールフォルダを使用し始めてみました。
学習型迷惑メールフォルダは、迷惑メールが来たら、WEBメール上でチェックし、[受信拒否/迷惑メール]というボタンを押すと、そのメールに含まれる要素(メールアドレスやヘッダ、本文など)を学習し、似たものが届くと自動的に迷惑メールフォルダに振り分けられるというもの。
結構お利口さんです。
たとえば、私が5/24に受信した迷惑メールは11通。
そのうち8通はフィルタが自動的に迷惑メールフォルダに振り分けてくれました。
私がする作業は、残りの3通を迷惑メールとして学習させること。5/7から使い始めて、迷惑メール学習通数:257通、学習度:2702ポイント。かなり優秀です。
それだけ迷惑メールが多いってことですね。

他のプロバイダにも迷惑メール振り分けや少なくとも受信拒否やフィルタ機能の設定はあると思います。
それを使う際に、気をつけてほしいこと。
迷惑メールの中には、自分や知人のメールアドレスを騙って送られるものがあります。それを受信拒否してしまうと、自分宛に送ったテストメールが受信できないとか、特定の人からのメールが受信できなくなってしまいます。
WEB上から受信拒否リストが確認できると思うので、そこを確認して、もしあった場合ははずしてくださいね。
また、迷惑メールフォルダの中に、必要なメールが間違えてはいってしまう場合もあります。定期的に確認してください。

昔のダイアルアップで従量制の頃と違って、常時接続が当たり前になった今、メールの受信に多少時間がかかってもさして問題じゃないとも思うけれど、ウィルスやセキュリティのことを考えたら、やっぱり対策すべきことだなと思いました。
迷惑メールにお困りの皆さん、試してみてくださいね。

また、インターネットに関する知識を試されるYahoo!インターネット検定というものが始まったようです。
メールの基本などについても出題があるようです。インターネット初心者の方は、自分の常識を試してみるのもいいかも。

|

« 死に花 | Main | 熱血刑事 吉永誠一 「絵に殺された」 »

Comments

ふむ。迷惑メールか。僕も困ってるんですよね。なんせ冬休みに3週間療養入院していたら、その間に200通届いていて、そのうち必要なのが4通でしたから…(^^;)。
ウイルスバスターを常駐しているので、かなりの精度でウイルスメールは防いでくれるのですが、困るのが英文のスパムメール。最近多いんですよ。海外のポルノサイトの紹介とか、バイアグラの広告とか、ソフトの安売りだとか…。一応読んでみるんだけど訳わからないモノも多くて…。英訳ソフト使っても訳せないモノまであるし…。まぁ大体ざっと読むと内容はわかりますけどね。何か対策を考えるべきかな。

Posted by: 飛高隼人 | May 26, 2004 at 21:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31172/654652

Listed below are links to weblogs that reference 迷惑メールについて:

« 死に花 | Main | 熱血刑事 吉永誠一 「絵に殺された」 »